代表挨拶

MESSAGE

いつの日か、The Companyと呼ばれて
お手本とされる会社になりたいと思っています。

たくさんの人のために私たちが出来ることは何か、どうあるべきなのかずっと考えてきました。
その取組みを「オオクシSTYLE」と名づけ発信していくことにしました。
小さな地道な活動ですが私達のサロンが「そこにあって良かった」少しでもそう思ってもらいたい、そんな思いで始めました。

特別な存在ではなく、昔からそこにあったような町に溶けこんだ、あるのが当たり前のサロンに私達はなりたいのです。
そうなれるように少しずつ力を合わせ日々努力してまいります。
温かく見守っていただけたら幸いです。
長く続けていこうと思っています。
何卒よろしくお願い致します。

株式会社 オオクシ
代表取締役
大串 哲史

PAGE TOP